立会外分売とは? | 立会外分売のメリットと注意点は何?

立会外分売とは大株主や企業が証券取引所の取引時間外に株式を売り出す取引のことです。立会外分売では3%程度のディスカウント価格で売り出されるため人気の高い取引です。今回の記事では立会外分売の仕組み、ディスカウント価格で購入できる理由、購入方法をご紹介します。

立会外分売とは?

立会外分売は大株主や企業が自分の持ち株を証券取引所の取引時間外に売り出す取引です。

通常、売出し日前日の終値を基準に3%程度ディスカウントした価格で販売されます。割引して販売されるため人気が高く、通常は抽選となります。

立会外分売は事前に売り出し日が告知されますので、抽選に申し込むかどうか計画を立てることができます。

大株主や企業が立会外分売を利用する理由は?

どうして大株主や企業は立会外分売を利用するのでしょうか?通常の市場取引での売買ではだめなのでしょうか?

大株主や企業が立会外分売を利用する理由は一度に大量の株式を売却するためです。市場取引で大量の株式を売却すると株価が暴落する危険性があります。それを回避するために立会外分売で売買を行います。

大株主や企業が立会外分売をする目的は?

大株主や企業が大量に株式を売却する目的としては次のようなことがあります。

創業一族の持ち株売却

創業者が経営から離れる、まとまったお金が必要になったなどの理由で創業一族が持ち株を大量に売却する場合があります。

子会社支配をやめる

シナジーを発揮できないなどの理由で子会社支配をやめるため、親会社が子会社株式を売却することがあります。

東証一部への市場変更を計画

企業が東証一部への市場変更を計画している場合、株主数を増加させる目的で立会外分売を行うことがあります。東証一部昇格には株主数が2200名以上必要だからです。このような目的の場合、ポジティブな理由でるため株価上昇が期待できます。

立会外分売で買えない! | 抽選前に通常取引で買うべき理由とは?

どうして立会外分売ではディスカウントされるの?

立会外分売では通常3%程度のディスカウント率で売り出されます。これはメリットを打ち出すことにより目的(大量の株式売却)を円滑に進めるためです。

ディスカウントすることにより大株主は大量の株式を円滑に売却し、投資家はディスカウント価格で株を取得するWin-Winの取引です。

投資家から見た立会外分売のメリットと注意点

立会外分売ではディスカウントで売り出されるので通常の市場取引で株を取得するよりも有利です。また購入時の手数料も無料です。購入を検討していた株式が立会外分売で売り出されるのならぜひ抽選に申し込みましょう。

また東証一部への市場変更を目的とした立会外分売の場合、中長期的に株価が上昇することが期待されます。

一方で注意が必要なのはネガティブな理由での立会外分売です。大株主が今後の会社の成長に見切りをつけて売却などの理由の場合、せっかくディスカウントで株を入手しても、それ以上に株価が下落する可能性もあります。

立会外分売の抽選に申し込むかどうかは、売出し理由が大事になります。売出し理由は事前の適時開示情報に記載されていますので、必ず確認するようにしましょう。

立会外分売を行っている株の探し方

立会外分売の実施予定については、適時開示情報で確認をすることができます。また立会外分売を取り扱っている証券会社のホームページにも記載があります。定期的にチェックするようにしましょう。

適時開示情報

SBI証券立会外分売情報

楽天証券立会外分売情報

どうやれば立会外分売で株を購入できるの?

立会外分売は人気が高く抽選で当選した場合のみ購入ができます。ここでは抽選の申し込み方法から購入までの手続きを説明します。

1.立会外分売の予定情報を把握する

どんな企業がいつ立会外分売を予定しているのかを把握することがスタートです。適時開示情報や証券会社の立会外分売情報を定期的にチェックしましょう。

2.企業情報を把握する

立会外分売を予定している企業情報を収集しましょう。業績をチェックするのはもちろんのこと、立会外分売の目的を把握するのは必須です。適時開示情報を確認しましょう。

3.申し込みをする

立会外分売の申込期間はどの証券会社でもおおむね実施日の前日夕方から当日8:20頃までです。抽選なので慌てて申し込む必要はありません。

4.抽選結果を確認する

抽選結果がわかるのは実施日当日9時くらいです。立会外分売の場合、購入手数料はかかりません。

【証券会社別】立会外分売の申込方法・抽選結果確認方法

立会外分売で購入した株の売却タイミングは?

立会外分売で取得した株式はいつ売却するのがよいのでしょうか?

ローリスクローリターンでディスカウント分の利ざやを稼ぎたい場合は、取得したら即売りがよいでしょう。

立会外分売の即売り | 高勝率ローリスクの鉄板トレードとは?

大きなリターンを狙うなら東証一部昇格までじっくり保有していくのがよいでしょう。しかし前述の通り、全ての立会外分売銘柄がポジティブな目的なわけではありません。選別が必要です。

立会外分売で買えない! | 抽選前に通常取引で買うべき理由とは?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供へのお金の教育

楽天証券子供用口座の作り方 必要書類や注意ポイント

投資信託

初めての投資信託 | 投資信託を始める前に知っておきたいキーワード

税金

株や投資信託の税金と確定申告の関係 | 確定申告をすると損をすることがあるのはな...

税金

上場株式配当金の税金 | 納めすぎた税金を取り戻す3つの方法とは?

立会外分売の即売り | 高勝率ローリスクの鉄板トレードとは?

メリット・デメリット

源泉なし特定口座で譲渡益20万円以下でも確定申告が必要な場合とは?