積立NISAは受け取り時に税金はかからない | 確定申告も不要

NISA

積立NISAの受け取り時に税金がかかるのではないか?と心配される方がいらっしゃいますが、積立NISA・一般NISA共に税金は一切かかりません。

受け取り時に税金がかかる可能性があるのはiDeCo

積立NISAの受け取り時に税金がかかるのではと心配されている方は、iDeCo(確定拠出年金)と混同されているのかもしれません。

iDeCoの場合、60歳の受け取り時に受取額が退職所得控除の金額を超えた金額については課税されます。一方、積立NISA・一般NISAは完全に非課税です。仮にNISA枠で購入した株式や投資信託が1億円に値上がりしても一切税金は発生しません。

一般NISA・つみたてNISA・iDeCoの違い | 比べてわかるメリット・デメリット

そもそもNISAはいつでも口座から引き出すことができますので、iDeCoと違って「受け取り」という概念もありません。

配当金の受取方法については要注意

積立NISAは配当金も原則非課税なのですが、配当金の受取方法によっては課税をされてしまいます。配当金を非課税で受け取るには受取方法を「株式数比例配分方式」にしておく必要があります。受取方法の変更は通常、証券口座の管理画面から簡単にできます。

NISAの配当金を非課税で受け取るには? | 配当金の受取方法と登録方法

確定申告は不要

NISAは完全に非課税ですからNISAでの利益に対する確定申告は不要です。何もすることはありません。逆に損失が出た場合でもNISAでは損益通算ができませんのでやはり確定申告は不要です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NISA

つみたてNISAで購入できるETFが3つしかない理由とは?

NISA

積立NISAはいくらからできるの? | 100円から始める資産形成

NISAの配当金を非課税で受け取るには? | 配当金の受取方法と登録方法

NISA

NISA(ニーサ)のことが丸わかり 初めての人でもわかるよう丁寧に解説

つみたてNISA対象商品 | 人気証券会社の取扱状況比較【2018年1月更新】

NISA

つみたてNISAのことが丸わかり 初めての人でもわかるよう丁寧に解説