住宅ローン借り換え申し込みに必要な書類と入手先となくした場合の対処方法

住宅ローン借り換えのメリットを感じていても、必要な書類の多さに圧倒され、借り換え申し込みを躊躇しているということはありませんか?

確かに住宅ローンの借り換えに必要な書類は多岐に渡り、また耳慣れない名前の書類も多数あり、気が重くなるという気持ちもわかります。

ただ、一旦必要な書類を整理してみると、案外複雑ではないことがわかります。住宅ローンの借り換え申し込みを実際にするかどうかは置いておき、ここで一度、必要な書類について確認してみましょう。

住宅ローンの借り換えに必要な書類4タイプ

  1. 本人確認書類
  2. 収入や勤務先に関する書類
  3. 物件に関する書類
  4. 現在の住宅ローンに関する書類

「現在の住宅ローンに関する書類」以外は当初住宅ローンを組んだ時とほとんど変わらない内容です。

 

1.本人確認書類

  • 住民票… 市役所など
  •  印鑑証明書… 市役所など
  •  身分証明書(運転免許証、保険証のコピー)… 本人
 

2.収入に関する書類

  • 源泉徴収票… 勤務先もしくは本人
  • 住民税課税証明書… 市役所など
  • 確定申告書… 本人
  • 納税証明書… 本人
  • 売り上げを記載した帳簿や法人の決算報告書… 本人
    ※会社所属、自営業など勤務形態によって異なる
 

3.物件に関する書類

  • 不動産登記簿謄本… 法務局
  • 売買契約書… 本人保管
  • 重要事項説明書… 本人保管
  • 工事請負契約書… 本人保管

※コーポラティブハウスの場合は、売買契約書や工事請負契約書に代えて、コーディネート業務委託契約書、設計監理業務委託契約書、建設組合契約書のような名称の書類を提出します。

 

4.現在の住宅ローンに関する書類

  • 住宅ローン返済明細表… 本人保管
  • 住宅ローン返済用の通帳(過去半年分のコピー)… 本人保管
 

借り換え申請に必要な書類を紛失してしまった場合は?

住宅ローンの借り換え申請には、当初ローン契約を組んだときに準備をした物件関係の書類が多く必要になります。売買契約書や重要事項説明書等、自分で保管していたはずの不動産会社との契約書類を紛失してしまった場合にはどうしたらよいのでしょうか。

まず、住宅ローン契約書や売買契約書などの契約書類は基本再発行できません。しかし、金融機関や不動産会社が1部を保管している場合は多くありますので、コピーさせてもらいましょう。

もし、コピーができない場合は借り換えを検討している金融機関に相談しましょう。

借り換え時に求められる書類は、銀行側が不動産の内容をよく理解するために必要とされているものです。なければ絶対に借りられないわけではありません。代替書類で済む場合もあります。諦めてはいけません。

 

住宅ローン借り換え申請に必要な書類 まとめ

いかがでしたか?住宅ローン借り換え申請に必要な書類は、当初ローンを組んだときに揃えた書類とほぼ内容は変わりません。

異なるのは、不動産業者が間に入らないためすべて自分で動かなければいけないということです。そして、ほとんどの必要書類は自分が保管しているものだということです。

書類が揃わないと審査はスタートしません。不慣れなこととは思いますが、自身でしっかり動きましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住信SBIネット銀行の通期引下げプランと当初引下げプランの違いとは?どっちがお得...

住宅ローンの借り換えにかかる手数料と諸費用は?目安はいくら?

住宅ローン借り換えの3つのメリット 金利差1%未満でもメリットあり

徹底比較!固定金利VS変動金利、住宅ローンの借り換えで選ぶべきなのは?

住宅ローンの借り換えで比較すべき5つのポイント

NO IMAGE

本音で徹底分析!全てがわかる新生銀行の住宅ローンのメリット・デメリット・口コミは...