住宅ローン申し込みに必要な書類一覧

住宅ローンを申し込む際にはたくさんの書類の提出が必要になります。スムーズに書類を整えられるよう必要な書類の種類とそれぞれの書類の入手先をまとめました。金融機関によって異なる部分もありますが、まずは概要を把握しましょう。

住宅ローンの申し込み時に必要な書類の概要

住宅ローンの申し込みに必要な書類は、大きく分類すると一般的に次の3つとなります。

  1. 住宅ローン申し込みに関する書類
  2. 申し込み者本人に関する書類
  3. 物件に関する書類

 

住宅ローン申し込み関連書類

住宅ローン借入申込書

各金融機関で定められる申込書です。
入手先>各金融機関

保証委託申込書

住宅ローンの利用時に保証会社に提出する書類です。
入手先>各金融機関

団体信用生命保険申込書兼告知書

団体信用生命保険に加入するための書類です。
入手先>各金融機関

個人情報の取扱に関する同意書

個人情報の利用目的、信用情報機関の利用と登録、第三者への情報提供等に同意する書類です。
入手先>各金融機関

 

申込者本人に関連する書類

源泉徴収票もしくは確定申告書

給与支払額及や源泉徴収した所得税額を証明する書面です。個人事業主の場合は確定申告書を提出します。
入手先>勤務先もしくは本人

課税証明書

所得や所得控除の内容がわかる住民税額を証明する書類です。
入手先>区・市役所

納税証明書

個人事業主等の納税に関する証明書です。
入手先>税務署

本人確認書類

運転免許証、保険証のコピーなどの身分証明書です。
入手先>本人

印鑑証明書

本人の印鑑証明書です。
入手先>区・市役所

住民票

現在の住民票です。
入手先>区・市役所

物件に関する書類

土地と建物の不動産登記簿謄本

土地や建物など物件の登記されている内容の確認できる書類です。
入手先>法務局 ※不動産業者の方で用意することが多い

住宅地図、チラシ等

物件の概要のわかる書類です。チラシ、パンフレット等でもOKです。
入手先>不動産業者

公図

土地の形状の確認できる地図に準ずる図面です(法務局に備え付けられている)。
入手先>法務局 ※不動産業者の方で用意することが多い

地積測量図

土地の形状や面積の確認できる図面です(法務局に備え付けられている)。
入手先>法務局 ※不動産業者の方で用意することが多い

建物図面

建物の形状や面積の確認できる図面です。
入手先>法務局 ※不動産業者の方で用意することが多い

建築確認申請書

建築物が建築基準法・条例等に適合しているかの確認書類です。着工時の申請書と完了時の検査済証明書です。
入手先>法務局 ※不動産業者の方で用意することが多い

適合証明書(フラット35の場合)

建設または購入する住宅が機構が定める 独自の技術基準に適合していることを証明する書類です。
入手先>登録機関

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住信SBIネット銀行の通期引下げプランと当初引下げプランの違いとは?どっちがお得...

住宅ローン借り換えの3つのメリット 金利差1%未満でもメリットあり

住宅ローン借り換え申し込みに必要な書類と入手先となくした場合の対処方法

住宅ローンの借り換えで比較すべき5つのポイント

借り換え時の住宅ローン融資実行までの流れ 盲点となりやすい注意点とは?

徹底比較!固定金利VS変動金利、住宅ローンの借り換えで選ぶべきなのは?