「銀行預金はマイナスにならない」は誤解。誰もが例外なくお金の運用が必要な理由とは?

資金運用リスク

投資って損することもあるんですよね?私はやらないわ。

無理して投資をすることはないのだけど、実は誰でも知らないうちに投資をしているんだよ。

銀行に預けているとお金の価値は目減りする

「投資は損をする可能性があるから絶対にやらない。利息が少なくても絶対にマイナスになることのない銀行預金が一番だ」
 

このように投資を毛嫌いされる方がいらっしゃいます。確かにどんな投資でも損をする可能性があります。

安全性を重視される方にとっては利息は少ないけれど、元本が保証されている銀行預金が一番だという気持ちは理解できます。

しかし、銀行預金は元本が減ることはないものの、実質的な価値は目減りしていく可能性があることをご存知でしょうか。

目減りする原因はインフレです。近年はデフレが長く続き、貨幣価値が時間とともに減少していくという実感が湧きにくいものの、長期で見ると物価というのは時と共に上昇していくのが自然です。そしてそれに伴って貨幣価値は減少していきます。

例えば山手線の初乗りは1976年の時は60円でした。2016年現在では140円です。
40年で物価が2.3倍になりました。逆に言えば貨幣価値は43%程度に減少したということです。

「100万円を銀行に40年間預けたら43万円になって戻ってきた」というように置き換えて考えるとインフレの影響を理解しやすいかと思います。

もちろん銀行預金には利息がつきますので、インフレ分がそのまま貨幣価値の減少になるわけではないのですが、長期で見た場合、基本的に銀行預金の金利がインフレ率を上回ることはありません。

ですから銀行預金に預けっぱなしにすると、ほぼ確実に手持ちのお金の価値は下がる運命にあるのです。

銀行預金がよくないと言っているわけではありません。銀行預金には銀行預金の役割があります。日常的に使うお金や近々使う予定のあるお金は銀行預金が便利です。

しかし長期間使用しないお金を銀行に預けっぱなしというのは考えものです。安全に運用しているつもりで実は金銭価値を目減りさせる恐れがあります。

投資はリスクがあるから銀行預金しかしないという人は、知らず知らずのうちに確実にお金の価値を減少させる金融商品に投資しているということを自覚しましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

為替銀行

メリットなし!なぜ外貨預金は最もやってはいけない資金運用方法の一つなのか?

クレジットカード

買い物は現金よりもクレジットカードですべき5つの理由

個人向け国債は変動金利タイプと固定金利タイプのどちらを選択すべきなのか?

確定拠出年金

iDeCo(個人型確定拠出年金)のことが丸わかり メリット・デメリット・向く人・...

投資を始めるなら最低100万円を用意したほうがよい5つの理由とは?

住宅ローンの繰上げ返済は最高の投資の一つ